結局はセンサーの費用が嵩む

血糖値測定器のセンサーは通販できない?

針は割と安いがセンサーは高い

血糖値測定するには、最低限必要なものが本体以外に2つ存在します。

1つは、肌に刺して血液を採取するための針。もう1つは、採取した血液を染み込ませ、測定器にその情報を伝える、センサー(チップ)です。

測定器とは違い、この2つは消耗品であるため、定期的に買い足さなくてはいけません。

ただし、これらは血糖値測定器と違い、高度管理医療機器カテゴリーには含まれていない関係上、薬局に行けば購入も問題無いようです。

しかし、問題なのは、その値段です。両方合わせて1枚100円以上するので安い買い物ではありません。どちらも使い捨てとなると、1日に測定する回数にもよりますが、それなりの量を定期的に買わなければいけません。

1日1回の測定だけなら月30枚なのでなら少なく済みますが、1日3回、6回と管理内容によっては、大きな出費となるかもしれません。その上、インスリン注射の必要無い場合、保険適用されないので全額自己負担となります。

そこで、針やセンサーチップの相場を調べてみたところ、針は1本につき10円から20円、センサーチップは1枚につき100円前後が多いようです。針はまだマシですが、センサーチップの方は消耗品の割にとても高いと思いました。

と言うか、血糖値測定器の相場が1台につき1万円から2万円であることを考えると、センサーチップ1年分の方がはるかに高いことになります。ランニングコストのことを考えると、血糖値測定器の値段よりも、その測定器で使えるセンサーチップの値段を気にした方が良いということは間違いありません。

これを踏まえると、日本製や日本で販売されている血糖値測定器は、出費も覚悟しなくてはならない位の金額です。