センサーを安く済ますには個人輸入

血糖値測定器のセンサーは個人輸入で安く購入できました

血糖値測定器を個人輸入すればセンサーも安く抑えられる

血糖値測定器は、日本製のものだと相場が大体1万円から2万円前後のようですが、海外製で安いものであれば、5千円程度でも購入出来るものもあったり、ACONのオンコールエクスプレスのように、センサー以外の代金は必要なかったりという場合もあります。

結局、消耗品であるセンサーをリピート購入してもらうことで、メーカー側も利益を出すことを目的としているようですね。

何にしても、日本の相場価格と比べると海外製の血糖値測定器を個人輸入する方が安く済みます。

一番のメリットは、消耗費のセンサーが安い事です。

単純に考えて、今まで1枚80円程度だったものがその半分程度の代金に抑えることができれば、費用負担も半分に減らすことができます。

日本製のセンサーだと1枚あたり100円前後のものが多いので、一枚50円以下で購入出来る商品と比較すると、負担が半分に減るだけでなく、長く続ければ続けるほどその差は大きくなっていきますね。

本体は日本製でセンサーだけ海外製を使う事は?

では、日本でも販売されている血糖測定器の本体を購入し、センサーだけ安く個人輸入で入手するということは可能なのでしょうか?

少し調べてみたら、同じメーカーの血糖値測定器であっても日本で売られているものと海外で販売されているものでは、センサーの内容が異なる場合も有るそうです。

私が以前まで使っていたニプロ製品の中には、併用可能なものもあるようですが、正確には、測定出来るものとそうでないものがあるような事が書かれていた気がします。結局は、専用として使うのが妥当という事ですね。