日立が無痛の血糖値測定器を開発?

血糖値測定器のセンサーは個人輸入で安く購入できました

指を乗せるだけで測れるようになるかも

血糖値測定器の使用には、毎回採血が伴いますが、そうは言っても、注射で吸い取るほどの量ではなく、本当に数滴レベル。そんなわずかな量を採血する為に肌に針を刺さなければいけないというのは、人によっては苦痛になるかもしれません。

それが、一日5回、10回と増えると尚更です。その上、刺し方がまずいと、血流量も多くなったり、皮膚が裂けることもあります。

近年は医療品の製造技術も進歩したお陰で、なるべく痛くないよう、針の先端を細くしたり、針ブレを防ぐために高速で刺すような仕組みだったりと、色々な工夫がされているので、病気と歩んでいく上での弊害も少なくなっているように感じます。

しかし、それでも痛みゼロとはなかなかならないものです。血糖値測定は毎日やるものですから、できればそういう痛みは無い方が有難いです。

そこで目についたのが、日立パーソナル・ヘルスケアベンチャーカンパニーの、血糖値測定器開発に関するニュースです。なんでも、指を測定器の上に乗せるだけで、血糖値を測れるのだとか。

つまり、正真正銘の無痛ということですよね。

その仕組みは、特殊なセンサーにより、代謝に関与する熱エネルギー、酸素供給量、血流量などを測定することで、血糖値を算出するといった感じだそうです。なんだか、あまりよく分かりませんが、痛みも無く手間もかからないのですから、とにかくすごいことなんだと思います。なので、早く実用化して販売して欲しいものです。

関連ページ一覧